NEWアルバム「誰もいない海」紹介記事


FMクラブ(エフエム企画)2/9発行187 P27


シャンソン歌手として25年のキャリアを持つ奥田晶子。過去シャンソンの作品を6枚発売している彼女が、歌謡曲を詰め込んだアルバムを発売。タイトルの「誰もいない海」はもちろん、「知りたくないの」「夜明けのスキャット」「見上げてごらん夜の星を」ほか、主に昭和40年代にヒットした歌謡曲が中心となっている。今作の編曲家である南林弥宏と宮崎明生が、現代風アレンジを聴かせてくれて、それと共に響くシャンソン&カンツォーネでキャリアを積んだ奥田晶子の歌唱力は鳥肌モノ!後世にいつまでも残していきたい1枚だ。魅力たっぷり。


                                    【河野麻美】

 


CDジャーナル(音楽出版社)3月号 P203


ベテランと言えるシャンソン歌手の奥田晶子が、昭和のポップス系歌謡曲をカヴァーしている。言葉の持つ力を再確認させる歌唱は、歌を物語として聴かせるシャンソンならではのもの。R&B調の名曲「バス・ストップ」などを取り上げるそのセンスには拍手だ。



                                    【中山久民】

 


ステレオ(音楽之友社)3月号 P183


歌手生活25年を迎えるシャンソン歌手、奥田晶子がレパートリーを離れ、広く親しまれた往年のヒット・チューンを歌い上げた注目アルバムが「誰もいない海」である。録音は08年8月〜10月、東京・吉祥寺のスタジオLEDA。ボーカルをスッキリと際立てたオーソドックスなフラットバランスを基調に、帯域内のエネルギーを引き締めて明るく歌い上げる。


                                    【斎藤宏嗣】

 


季刊・オーディオアクセサリー(音元出版)
132号SPRING P245



「誰もいない海」…これは“青春の歌謡ポップス私にとっては思い出の曲がぎっしり詰まったアルバムであり、カラオケ教室の先生としても興味深いアルバムである。ディスクの音も良いが奥田晶子の歌が良い。昭和へのタイムスリップがこの一枚でバッチリと楽しめる。


                                     【井上良治】

  


季刊・オーディオアクセサリー(音元出版)
132号SPRING P247



そしてシャンソン歌手である奥田晶子の久々の録音ながら、初めての歌謡ポップスを収録したのが「誰もいない海」だ。「夜明けの歌」「見上げてごらん夜の星を」など懐かしい昭和の12曲。色、味、香りと三拍子揃っており、心に染み込むような伸びやかで情感豊かな表現力は、ただのカバーものではない新鮮な魅力と映るだろう。JVCのマスタリングで音質は優秀、ボーカルのチェックに最適だ。


                                     【林 正儀】





>>>> 無断転載は、固くお断り致します <<<<

(C) Copyright Akiko Okuda , Since 2000 All Rights Reserved.