「澄んだ泉のほとりで」(ドリーム21盤)関連記事

2005年4月号 CDジャーナル
2005年4月号
CDジャーナル
【CD J-POP】で紹介されました。
■澄んだ泉のほとりで/奥田晶子

188ページ

2005年春季号 116 2/21発売 オーディオアクセサリー(音元出版)
2月21日(月)発売 2005年春季号
オーディオアクセサリーbP16
【12人の評論家が選ぶ
優秀盤オーディオグレード in SPRING】
で紹介されました。
■澄んだ泉のほとりで/奥田晶子

評論:
井上 良治氏・・・309ページ
林 正儀氏・・・312ページ

2005年2月発行 新星堂MUSIC TOWN VOL.206
新星堂MUSIC TOWN2月号の
【WORLD/POPULAR】WORLD P48
で紹介されました。

   掲載記事へ
■澄んだ泉のほとりで/奥田晶子

≪奥田のパリ録音第2弾がリマスター盤で甦った。今や中堅となった彼女の若々しい声で繰り広げられるシャンソンの名曲の数々で、“メロディー・シンガー=奥田”の原点を再確認できる。素敵なオーケストレイションで彼女を支えるのはレイモン・ルフェーヴル・オーケストラ。伴奏と言っては失礼、共演と呼ぶべきだろう。自身の訳詞によるイヴ・デュティユの「夜の通行人に捧ぐ」が秀逸。  上大岡店/鈴木伸男 ≫


2005年2月14日(月)発行 FMCLUB bW3
FMの風を体感する番組誌
    「FMCLUB」の
【PICK UP ALBUMS】
JAZZ & J−POP etc
で紹介されました。

   掲載記事へ
■澄んだ泉のほとりで/奥田晶子

≪ポピュラーなシャンソン・ナンバーを取り上げる一方で、自ら積極的に訳詞にチャレンジしている奥田晶子の、レイモン・ルフェーヴル・オーケストラと共演したパリ録音の第2弾になる作品。透明感のある美しいアルト・ヴォイス、そして聴く者のハートを虜にしてしまうような天性の歌声とオーケストラの音が溶け込み、例えようもないくらい心地よい。K2 24bitでのマスタリングにより、奥田晶子&レイモン・ルフェーヴル・オーケストラの素晴らしい世界とともに驚異のナチュラル・サウンドも体感出来てしまう。   河野麻美≫


2005年1月28日(金) 朝日新聞(夕刊)
【今月の10枚ポピュラー海外編】に
ノミネート、掲載されました。
■澄んだ泉のほとりで/奥田晶子
(レイモン・ルフェーヴル楽団と歌うシャンソン佳曲集)

≪「私の孤独」「夜の通行人に捧ぐ」などの好選曲で美しい歌の心を的確に伝える。伴奏も見事。   青木啓 ≫ 


(C) Copyright Akiko Okuda , Since 2000 All Rights Reserved.