<奥田晶子 魅惑のシャンソン/Live Vol.35>
江古田マーキー

『お便り・ご感想』

 
楽しいライブでした。
今回強く印象に残ったのはMCとその重要性です。
MCでルフェーヴルとの心の通った交流、パリのミュージシャン逹との厳しくも充実した制作風景など楽しいエピソードを話されました。とても興味深いお話しでした。
会場のみなさんが奥田さんの歌とシャンソン人生をより深く知る大変良い機会になったと思います。

MCはライブを構成する大変重要な一部です。ライブ会場に来られたみなさんは、わずか2時間半であっても、普段の生活から離れた「非日常」の楽しみや幸福感を求められています。今回のように明るく楽しい興味深いテーマのMCはライブの満足感を倍化させます。歌が魂の歌であればあるほど、MCは明るく楽しく洒落たものが望まれているのかもしれません。

また、奥田さんのこれまでの日本やパリでのシャンソン生活のエピソードの数々は、奥田さんの歌をより身近なものに感じさせるでしょう。これからも今回のような明るく楽しいお話しをMCでたくさん聞かせて下さい。

まだ残暑きびしいおり、奥田さんのご自愛をお祈りしています。

久冨 鐵


2時間余の楽しい時空、あっという間に過ぎてしまったひと時でした。

第一部では、「ルフェーヴルへの讃歌」が印象深かったです。MCによるご自身の思い出話を聞いて描いたイメージに相応しい作品に・・・。その自作聴きながら、いつもの熱唱のご自身とは一味違ったソウルの表現が心地よく届きました。 

第二部では、伸びゆく高音の熱唱に引き込む奥田節が、MARQUEEのステージに繰り広げられた時空になり、真夏の夜のひと時をシャンソンの世界に浸りきって・・・、堪能できました。

フィナーレを迎え我に返ってステージをあとにすると、外は高温多湿の時空だったが、あの熱唱はその外気温をも凌ぐ爽やかな気分に誘ってくれた・・・。

永見 直孝 12/09/2012


奥田晶子さんのコンサートは、多くの日本人がシャンソンと言えばこの曲としてイメージされる「雪が降る」「枯葉」「帰り来ぬ青春」 といった作品だけでなく、「忘れじの面影」のような70年代にフランスで流行ったフレンチ・ポップス、古い映画音楽、そしてオリジナル作品まで、幅広いレパートリーでいつも楽しませてくれます。

シャンソンは人間の心の内を表現した作品が多いですが、そんな作品を数多く歌い込んできただけあって、今回の「魅惑のワルツ」「ムーン・リバー」の歌い方も表情豊か。優雅で流麗な奥田さんの歌声により、スタンダード曲として人々に愛され歌い継がれてきたこれらの作品の魅力を存分に堪能することができました。
江古田マーキーという、ステージと客席が本当に近い会場であったこともプラスに働いたのかもしれませんね。

松本 久仁彦


学生時代の先輩に、是非聴かせたい歌手が居ると言われて南青山マンダラで奥田さんの歌に接してからもう5~6年になります。その先輩は当時62歳のまだ無趣味な会社人間であった僕に、これから待ち受けているリタイアメント人生を少しでも豊かにしてやろうとシャンソンの世界を紹介してくれたのです。

初めて聴いた奥田さんはそれまで僕が抱いていたシャンソンとシャンソン歌手のイメージを一変させました。迫力ある低音、透明感のある高音、そして何よりも歌に対する強い思い入れと自分のステージに対する真面目で真摯な姿勢を感じました。

それ以降、南青山マンダラでの公演はほぼ欠かさず聴かせて頂きましたが、所さんが体調を崩されて暫くの間東京で奥田さんの声が聴かれませんでした。それが今年に入り6月の江古田マーキーでの公演、そして先日のマーキーでの2回目の公演と久し振りに奥田シャンソンを満喫しました。久し振りの奥田さんは相変わらず若く、美しく、真摯な舞台でしたが、人生の経験を積まれたのでしょう、歌やトークに優しさが増した様に感じました。
所さんのお元気な姿を拝見し、奥田さんの変わらぬ歌声が聴けて、僕も実に充実したリタイアメント人生を送らせて貰っています。

井上 清人



(C) Copyright Akiko Okuda , Since 2000 All Rights Reserved.