≪初秋のご挨拶≫


本日雨の後の束の間の涼しさに触れ心身共に癒されております。いや〜忍耐の夏でしたね〜 頭がもうろうとして夏のご挨拶ができずすみませんでした…。6/2(土)江古田マーキー初ライブでは大変お世話になりました。ファンの皆様と個々にお話することができ、その時の皆様の笑顔が今日も私を支えてくれています。



私事ですが翌日の6/3に実家の愛猫ダンを亡くし、その時に広島に戻りましたのでこのお盆は東京でもんもんと頑張っておりました。1995年の広島初公演に寄せて私の出身校、廿日市高校OBの皆様と地元の和風レストランで食事兼ミーティングをして帰り際、端正な顔立ちの白い妖精のような猫が玄関の敷居に横たわり私の視線を釘付けに…それが出会いでした。その時すでに2歳くらいでしたからかれこれ20年は生きたわけで、人間でいえば100歳、大往生なんです。ですが思い出が多いだけ悲しみも深く母も妹も私も魂をぬかれた状態になってしまいました。そして先日は地元コンサートで多大なご支援をいただいていた我が家のお隣の伊藤さんが旅立たれ寂しいかぎりです。紳士で物静かでどちらかというと人の話を真摯に聞いて下さり、それでいてリーダー格、平良小体育館で伊藤さんのお好きな「夜明けの歌」を歌い終えた時「ありがとう!!」とのパワフルな声に会場は盛り上がり私は夢心地でした。その時すでにお体悪くされてましただけに全身全霊の体育館に響き渡る伊藤さんの魂のエールが今もしっかりと私の耳に焼きついております。黒の森ライブには蝶ネクタイでご来場、広島市内ライブジュークでは静かに目をつぶって私の歌を聞き入って下さってるその横顔に心洗われるような気持ちで歌に身が入りました。心よりご冥福をお祈り申し上げます。父もダンも伊藤さんも私の心の中に生きて励まし続けてくれています。ますますがんばりますよ!!


来る9/8(土)午後4:30から江古田マーキーセカンドライブに燃えます。昨今あまりいい事に恵まれませんが、江古田マーキー上野プロデューサーから創業34周年を記念して晶子さんの熱いライブを是非!!との元気の出るお言葉をいただき甘えさせていただいてる次第です。今回も残暑に負けない熱いライブを!!とのお言葉にスイッチ入れていただきました。今年の父の日はマーキーにて憧れのムッシュかまやつさんのライブを観て、まるで父のように優しい上野さん、かまやつさんと楽しいひとときを過ごさせていただきました。上野さんのエスコートで終演直後の楽屋にご挨拶させていただいたのですが熱演で汗びっしょりのかまやつさんとバンドの皆さん…感動しました…。かまやつさんから多くのことを学びました。ソフトで温和で笑顔が素敵なかまやつさんの汗と涙、そして男の中の男を目の当たりにしました。久々に胸がいっぱいで幸せな帰路でした。影響受けた後の今度のライブきっとひと味違うと思います。新しいオリジナルもありますので是非かけつけて下さいね!!愛しきファンの皆様のお元気な笑顔お待ちしています!!
お気をつけてお越し下さい(^_^)/


                          2012年9月2日
  奥田晶子  


>>>> 無断転載は、固くお断り致します <<<<

(C) Copyright Akiko Okuda , Since 2000 All Rights Reserved.